SENSEI 多忙解消委員会

日本財団

官民連携で行う、
学校改革
プロジェクト

先生の働き方を変え、今よりも子どもに向き合える学校づくりを目指しています。全国に先駆けて取り組む柏市で成功事例をつくり、全国へと拡げていきます。
※本プロジェクトは、一般社団法人日本教員多忙化対策委員会としてプロジェクトを切り出して実施しています。

SERVICE

学校へPJTメンバーを派遣。業務課題を見える化へ。

学校にプロジェクトメンバーを派遣。先生たちの働き方や労働環境を調査・分析した後、業務課題を見える化します。

打ち手策定から効果検証まで

業務課題に基づいた打ち手を策定・実行し、打ち手がどの程度のインパクトをもたらしたのか、学術的な観点も交えて効果検証を行います。

成功モデルを全国へ

成功モデルを全国の学校へと横展開し、全国の先生が教育に向き合える環境を実現します。

PROJECT

柏の葉小学校(千葉県柏市)

柏の葉小学校では、現場の先生とのワークショップやヒアリングなどを通じた実態分析を経て、組織運営の見直しや業務効率化のためのツール導入などの提案を行っていきます。

PROJECT REPORT

Coming Soon

若い人たちが減っていることもあり、学校における業務改善は優先すべき課題の一つです。そこに民間の企業が入ってくれる意味は本当に大きいです。ARROWSは教育業界に新しい風を取り入れてくれる 存在だと思います。期待しています。

柏市教育委員会
内田 守 様

プロジェクトが始まって4ヵ月になりますが、ARROWSが入ってくれたことで自分たちが見えてなかったことが見えて、先生たちの意識が明らかに変わりました。また手応えがあるから、今まで負担でしかなかった業務改善がすごく楽しみに思えるようになりました。来年度はうちの学校で成功事例をつくり、市全体に広めていけるようにARROWSと一緒に頑張っていきたいです。

柏市立柏の葉小学校
杉浦 毅 校長先生